水のはなし

天然水の人びと

アクアセレクトGMの竹本大輔による水紀行

第57回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編11

ローカル・スタンダード

小林社長
でね、日本全国どこも同じようなことをやるんで、同じモノや企画が増えてるんですよね。
やっぱり地方行政が、国の傘の中で動いてるからですよね。
だから、独自色は出せない。
竹本
酒造もそういう意味では国の規制がかかっていますよね?
小林社長
そうですね。だから厳しい。
これからはもっとローカルな仕組み、いわゆるローカル・スタンダードが世界のスタンダードになるような仕組みを考えないとダメだと思います。
差がないんですよ、結局。
だからどんどん規制緩和を進めてもらわないとダメだと思います。
小林社長
ぼくらも十何年か前に、酒造組合の若手でイタリアに行ってきたんですよ。
ミュンヘンにオクトバーフェストっていうお祭りがあってね。
イタリアのパルマに行ったときに、チーズ工場とか生ハム工場とかを見ました。
竹本
パルマの生ハムですか!あの「プロシュート」ですね〜!
小林社長
そうです、そうです。
で、そのプロシュートとかパルミジャーノ・レッジャーノの製造現場に行って凄いと思ったんですよ。
なにがすごいかって言うと、そこ独自の基準が世界の基準になっている、ということなんですよ。
竹本
ローカルの基準が、世界の基準に…なるほど、確かにそうですね。
小林社長
生ハムのプロシュートにしても、チーズのパルミジャーノ・レッジャーノにしても、なにか国から決められた基準とかではないんですね。
そうじゃなくて、パルミジャーノ・レッジャーノっていう、ものすごく地方の、自分たちがやってきた規格で、こうやって作ったのがパルミジャーノ・レッジャーノですよってアピールがすごいわけ。
竹本
確かに、自分勝手な基準ですよね(笑)
小林社長
あれってよく考えたら国じゃない、地方のスタンダード、ローカルスタンダードなんですね。
なのに、世界中の人がみんな知ってるわけですよ。
竹本
そうですよね。
小林社長
それにパルミジャーノ・レッジャーノって値段が高いでしょ?
竹本
高いですね。一切れ2,000円とか3,000円とかしますもんね。
小林社長
そう、あれだけの価格で、しかも全然安売りしない。
これは凄いことだと思っています。
ローカルのスタンダードを世界に通用させようとしている。
そして見事に通用しているんですね。
竹本
そこで「メイド・イン・パルマ」ならぬ「メイド・イン・上越妙高」なんですね。
小林社長
そうですね。
国内だけじゃなくって世界も視野にいれなくちゃいけない。
お客さんも東京から呼ぶ、大阪から呼ぶ、もちろん大事なんだけど「世界中から呼んでくる」ぐらいの価値を出していかないとダメですよね。
竹本
そのパルマ式の「世界から人を呼ぶ」、「世界に通用するローカルスタンダード」って、なにかこう彼らのこだわりが通用してるということなんでしょうかね?
小林社長
そうなの。そうなの。
イタリアの国の規格じゃない、パルマの規格なんですよ。
それが良い。
竹本
プロシュートも「パルマの北向きの部屋で何日干さなければならないと駄目」とか、メチャクチャこだわった、そんな世界ですものね。
で、すごいのが「お前ら、おれのこと別に真似てもエエけど、パルミジャーノ・レッジャーノを名乗れるのは、オレたちだけだぜ」という姿勢(笑)
小林社長
そうそう。
国が規格を作るんじゃなくて、上越や妙高が規格するくらいの方向性ではありたいですよね。
竹本
そうか、だから今「どこの街もいっしょだよね」という話になるんだ。
そういう所に繋がるわけですね。
小林社長
まさしく、そうですね。

他と違うことをしようと思ったら、極端な話「コンビニは作っちゃいけませんよ」っていう、いわゆる「鎖国」するのもいいわけですよ。
ちょうどミラノに泊まったとき、コンビニなんか一軒もないんですよその当時。

今はできちゃってるかもしれないけど、外資系の小売なんかもないし、何より土日は店が休み。
で、イタリア人に土日に店が休みで、どうしてるんだ?と聞くと、「なに言ってんだ。金曜日に買っときゃいいじゃないか」って(笑)
竹本
そりゃそうだ(笑)
ちょっと前の日本もそんな感じでしたよね。
そういう意味での自分なりのその地域なりの、国や地方自治体に迎合しないその地域独自の規格、というのはありなのかもしれませんね。

国の規格ではなくパルマの規格「メイド・イン・パルマ」。
地方のスタンダードが世界に通用し、独自の基準が世界の基準になっている。
小林社長のお話をきっかけに、地域なりの国や地方自治体に迎合しない独自の規格の重要性について再認識した。

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
Who We Are
第58回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編12
第57回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編11
第56回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編10
第55回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編9
第54回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編8
第53回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編7
第52回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編6
第51回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編5
第50回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編4
第49回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編3
第48回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編2
第47回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編1
第46回 浦村奇跡の牡蠣編11 最終回
第45回 浦村奇跡の牡蠣編10
第44回 浦村奇跡の牡蠣編9
第43回 浦村奇跡の牡蠣編8
第42回 浦村奇跡の牡蠣編7
第41回 浦村奇跡の牡蠣編6
第40回 浦村奇跡の牡蠣編5
第39回 浦村奇跡の牡蠣編4
第38回 浦村奇跡の牡蠣編3
第37回 浦村奇跡の牡蠣編2
第36回 浦村奇跡の牡蠣編1 
第35回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り最終回
第34回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り6
第33回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り5
第32回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り4
第31回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り3
第30回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り2
第29回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り1
第28回 良い水を育む森そして林業編6 最終回
第27回 良い水を育む森そして林業編5
第26回 良い水を育む森そして林業編4
第25回 良い水を育む森そして林業編3
第24回 良い水を育む森そして林業編2
第23回 良い水を育む森そして林業編1
第22回 宮川その川文化編9
第21回 宮川その川文化編8
第20回 宮川その川文化編7
第19回 宮川その川文化編6
第18回 宮川その川文化編5
第17回 宮川その川文化編4
第16回 宮川その川文化編3
第15回 宮川その川文化編2
第14回 宮川その川文化編1
第13回 浦谷地区の高山さん サツマの切り干しなど
第12回 浦谷地区の高山さん あられの作り方、食べ方
第11回 浦谷地区の高山さん お餅やお漬物のこと
第10回 宮川物産様 お味噌の貯蔵蔵を見学
第9回 宮川物産様 名産品は天然水があってこそ
第8回 宮川物産様 お味噌作りのきっかけと天然水
第7回 元坂酒造さま これからの取り組みと この一品
第6回 元坂酒造さま 毎日の晩酌 普段着のお酒
第5回 元坂酒造さま 寒仕込みについて
第4回 元坂酒造さま 良いお酒は良いお水から
第3回 元坂酒造さま 幻の酒米「伊勢錦」
第2回 元坂酒造さま お酒の楽しみ方
第1回 元坂酒造さま 酒造りへのこだわり
PAGE TOP ↑