アクアコミュニティ

Blog

アクアセレクトブログ

いたかの森で田植え

竹本 大輔:2017年06月09日
昨年、自宅近所の里山(愛知県名古屋市名東区)で「落ち葉集めとトランポリン、そしてカブトムシの腐葉土作り」に参加したことを書いた。

その後、「この里山を守っていこう」という団体の方に「竹本さん興味あるならおいでよ〜」と誘われてこの会に入会、そしてこの里山にある「棚田」作りをすることになった。

この里山は、名古屋市が所有、管理を委託している。都市近郊にある里山としては奇跡的に豊かな自然が残っている。以前に書かせていただいた「だいすけ父さん カブトムシ・クワガタムシのとり方」で紹介したのも、この里山だ。

先週は採水地での田植え、今週は近所の里山で田植え、と毎週の田植え。にもかかわらず子どもたちは喜んで参加してくれる。近所に残っている里山も非常にありがたいのだが、こうやって付き合ってくれる家族も本当にありがたい。


さてこの里山、上部に溜池があり、そこから水を引いてくるのだが、どうも途中で漏れているようだ、という話。その漏れをスコップと鍬で補修していく、というところからスタート。もはや農業でなく土木作業といった趣きだ。
DSC_3002

DSC_3003

数回におよぶ池や水路の補修工事(私はほとんど参加できなかったのだが…)、当日の動きの確認などの数回の打ち合わせを終え、田植え当日を迎えた。


そして田植え当日。


関連会社の教室運営をしている友人に声を掛けると、なんと…180人もの親御さんと子どもさんに集まっていただけた。
DSC_2960

IMG_1600

IMG_1730


「泥んこ遊びをさせたい」
「自然遊びをさせたい」
「こういう田んぼ作りとかって親だけでは出来ないからありがたい」

概ね好評だったように思う。
今後はこの里山の自然観察会などと組み合わせて、水田の草取りも遊び感覚で楽しんでいただければと思う。

東名高速の名古屋インターチェンジのすぐ南。
「え?こんなところに里山と棚田が残ってるの?」というところ。
これをお読みのみなさんもいちどぜひ遊びに来てください。


こちらも、アクアセレクトの採水地である三重県大台町に負けないくらいの美味しいお米が出来ますように!
IMG_4072

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
アクアセレクトブログ(竹本大輔ブログ)

自然をこよなく愛する。コテコテ大阪市阿倍野区出身。現在は名古屋市名東区在住。毎週のように採水地の宮川を訪れては土いじりだの虫取りだの川遊びだのに興じています。

PAGE TOP ↑