アクアコミュニティ

Blog

アクアセレクトブログ

飯南町「深緑茶房」へ 8/5

竹本大輔:2009年08月06日

 先日、宮川(現大台町)へお邪魔したときに、三重県のお茶業界についての知識を得ることができました。その中で飯南町(現松阪市飯南町)にある「深緑茶房(しんりょくさぼう)http://www.shinsabo.com/」が面白いよー!という話を聞きました。

何を隠そう自称お茶マニア。鉄瓶の急須を愛用していますし、自分でお茶モミ体験なんかもしちゃいます。素焼きの焙じ器も愛用品のひとつ。これで焙じたてのほうじ茶なんて最高ですよ。まぁ、大したことないんですが、アクアセレクトを飲み始めて初めての「感動した!」っていうのも、お茶なんです。あるとき自分の家に配達を忘れてしまって、そのときたまたま水道水を沸かしてお茶を淹れて飲んだんですが、その味ときたら…×。「やっぱりアクアセレクト最高!ウォーターサーバーも熱湯出るしやっぱり便利!」と改めて実感したものでした。

 

そこで早速行ってきました。お忙しい中、社長の松本さんに設立のお話や今後の展望などについてお話頂き、楽しい時間が過ごせました。

何より勉強になったことは、お茶の淹れ方。適温は60℃から70℃なんだそうです。その温度だとお茶の苦味が出にくく、本来の甘味が味わえるとのこと。アクアセレクトのウォーターサーバーの温水は80℃から90℃。苦いお茶好きとは言え、こんな基本的なことを知らないなんて…。60℃に冷ましたお湯で頂いたお茶は、それはそれは美味しいものでした。「急須でお茶を飲もう」とは伊勢茶のキャンペーン。「60℃のアクアセレクトと急須でお茶を飲もう!」だともっと美味しいですよ!(キャッチコピーとしては長いのでダメですが…)みなさんもぜひ試してみてくださいね。

 

お店入り口.JPGお店の入り口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶室.JPG喫茶スペース。落ち着いた雰囲気に気持ちも和みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急須に入れるのは60℃のお湯.JPGお湯を急須に入れます。砂時計は1分半。1回目お茶の葉を開かせるためにこの時間が必要なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶巾も最高.JPG茶巾も最高!至福のひと時です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売店.JPG売店も盛況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、松阪市内にある、クラギ株式会社http://www.kuragi.co.jp/ の取締役経営企画部部長の楢井さんとお会いし今後の農業の展望など、これまた楽しい貴重なお時間を頂戴しました。「大台仲間が増えていきます。」と嬉しいメールも頂きました。ありがとうございます。写真を撮り忘れてしまい、残念。

 

 

採水地の大台町以外でも、自らが生まれ育ったこの地域をなんとかしたい!との「思い入れ」が強い方々ばかりです。自分自身もビジネスとしてライフワークとして、本当に刺激になるなぁ!という感じです。また今回、大台町役場産業課の上瀬さんと竹川さんというこれまた地域行政に熱い思い入れのあるお二方にも大変お世話になりました。

 

皆さんありがとうございました!

アクアセレクトも負けずに盛り上げていきますよ!





ウォーターサーバーのレンタルはアクアセレクト

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
アクアセレクトブログ(竹本大輔ブログ)

自然をこよなく愛する。コテコテ大阪市阿倍野区出身。現在は名古屋市名東区在住。毎週のように採水地の宮川を訪れては土いじりだの虫取りだの川遊びだのに興じています。

PAGE TOP ↑