水のはなし

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターの定義

ミネラルウォーターの上手な飲み方

ミネラルウォーターの上手な飲み方

ミネラルウォーターの上手な飲み方

体によいミネラルウォーターも、飲む量や飲み方で、かえって体の負担になったりしてしまいます。一度にガブガブ飲んでは、せっかくのミネラルがきちんと吸収されずに排せつされてしまいます。一度にとる量は、コップ一杯(100ml~180ml)ぐらいを心がけ、1日に6~8回飲み、1日の必要量(約1.5リットル)を補給するのが理想的な飲み方です。

また「水を飲みすぎる」ことでトラブルもあります。個人差がありますが、1日に飲んでもいい水の限界量は、3リットルと言われているようです。

1.寝る前の一杯

睡眠中にかく汗というのは人間の生理的現象で、深い睡眠に導くために体温を下げるためです。平均約500ml、多いときには1リットルも水分が失われ、起きると体はカラカラになっています。

そこで、寝る前にきちんと水分を補い、体内の水分量を満たしておきましょう。寝る前にコップ一杯の水を飲むというのは、快適な睡眠のためにという理由以外にも意味があることです。睡眠中に汗をかくことで血液は濃くなってしまいますので、血液をサラサラに保つためにも就寝前の一杯は大変重要です。

2.目覚めの一杯

朝は、睡眠中にたくさん汗をかいているため、血中の水分が体外に放出され、血液がドロドロになって
います。起床時に水分を補給することで血中の水分が戻り、血液をサラサラにしてくれます。全身にくまなく水分が行き渡ることで、体内も目を覚ましてくれます。起き抜けは、食欲があまりわきませんがミネラルウォーターを飲むと、すっきり目覚めることができます。

3.運動中の一杯

スポーツしている時は、常に水分の補給に心がけなければなりません。
のどが渇いたから飲むのでは「遅い」のです。一昔前は、運動中に水分をとると疲労が増すと言われていました。しかし運動中には大量の汗をかき、水分はもちろんナトリウムなどのミネラルも体から失われてしまいます。体重の2%の水分を失うと軽い脱水症状に陥り、夏場などは熱中症の危険も伴います。

4.入浴後の一杯

お風呂上がりはミネラルウォーターを飲むのにはベストのタイミングです。入浴による発汗で、私たちの体は水分を失っています。入浴後には水分補給をすることが大切です。

5.二日酔い防止の一杯

お酒はついつい飲みすぎてしまうと、嘔吐や頭痛といった体調不良を引き起こしてしまいます。ミネラルウォーターは、アルコール濃度を薄め、血液中のアルコール濃度の急激な上昇を防ぎ、利尿作用により、アルコールを体外へ排出する手助けをしてくれます。

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
PAGE TOP ↑