水のはなし

天然水の人びと

アクアセレクトGMの竹本大輔による水紀行

第17回 宮川その川文化編4

まだ春浅いこの日、蕗のトウが立っていた
素晴らしい囲炉裏庵を外から見た様子。佇まいも素晴らしい。

宮川の美しさ、そして子どものころの遊び

竹本:
ぼくらは、採水は大井の湧水を使っているんで実質的な影響はないんですが、水そのものの商売なので、宮川が汚れていたりすると、イメージの部分も含めて「宮川が汚れたりするとアカン!」と思う訳です。
※大井=アクアセレクトボトリング工場のある地区。「大きな井戸」の意味の通り、集落内には大量の水が湧き出る。この取材の天ケ瀬の集落から、さらに奥へ車で15分程度。
水谷
今年も宮川ダムの水を抜くときは「きれいに水を抜いてください」と頼んどるんですわ。
間違って底の水なんかを流すと鮎や他の魚が死によるんですわ。黒い色をしている。
やっぱり上流からきれいにしていかないとダメなんです。
※宮川ダム=旧宮川村の最奥部、大杉谷にあるダム湖。
※大杉谷=日本三大渓谷の1つに数えられる、名渓谷。いくつもの名瀑があり、季節を問わず美しい姿を見せる。かの黒部渓谷の主、冠松次郎氏も「黒部に匹敵する」と大絶賛した渓谷でもある。
筆者が歩いた様子はこちら。http://www.aquaselect.jp/blog_entry/20120530-657.html
竹本
そう考えると、下流域の度会郡や伊勢市にも迷惑が掛かる話ですね。
水谷
そうなんです。
やっぱり上流から気をつけんと。
一番上流の「宮川」が「気張って」やらんとダメなんですわ。
竹本
そうですね。
「上流から気張って」というのはいい言葉ですね。
それで思い出したのですが、浦村の牡蠣を食べに行ったときに「美味しいですね。何が秘訣なんですか?」って聞くと、「宮川があるからよ」と言われたときはビックリしましたね。「宮川の水の仕事してます」って言うと向こうがビックリしてましたけど(笑)
※浦村の牡蠣=三重県鳥羽市浦村町にある牡蠣の養殖は、その質・量ともに有名。食べ放題がお勧め。筆者も大好き。
水谷
河川もキレイ水が流れると、そこがエエ漁場になります。
竹本
宮川の水がきれいなのはみなさんの意識の高さが感じられるんですが、その他の要因とすると何があるんでしょうか?
水谷
やっぱり雨の多さやなぁ(笑)
ここらで雨が降ってると、「また大杉谷で雨が降っとるな」と言ってましたな。
竹本
雨にまつわる、子どもの頃の思い出とかってありますでしょうか?
水谷
雨が降ると増水しますやん。濁ってきますわな。
そうなると宮川のカーブのところで渦が巻いたりしますやろ。
それもダーッと渦が巻きますやろ。
そんなところでワザと泳いでましたな(笑)
また渦を目掛けて飛び込んだりしてましたな。
竹本
渦巻いてるってハンパじゃないですね。
危ない!危ない!
※絶対に真似しないでください。保護者の方も十分注意してください。
あくまで、宮川沿いで水泳訓練を受けて育った子どもたちの話です。
水谷
水量が多いもんで、こちらからまっすぐよう行かんのんですわ。
だいたい200メートルくらい下(しも、下流)に流されてしまうんですね。
竹本
親御さんなんかは心配されなかったんですか?
水谷
そんなみんな忙しいで、子どもの守(もり)までしとらん(笑)
その代り、「ガキ大将」ちゅうのがおって、そこらの小さな子の守を全部しとった。
竹本
なるほど。
水谷
今では考えられませんな。
そもそも「川に行ったらアカン」となっとんねんから。
竹本
それもどうかと思うんですけどね。
生命の危険や大けがっていうのは絶対にダメですが、川遊びを通じて、その中に潜む危険なんかは、積極的に学んでいかないとアカンと思います。
水谷
それは、ガキ大将がしっかりしとったもん。
そういうやり方で育って来とるもん。違うわな。
竹本
水谷さんもガキ大将っぽいですけど(笑)
水谷
そんなことあらへんよ。
わしは助けてもらう方が多かったな(笑)
子どもの頃の思い出を語っていただいた。大阪の街中で育ち、とにかく野外に遊びを求めていた筆者は羨望の眼差しで聞いた。素晴らしい体験だ。

編集後記

ガキ大将が小さい子の面倒を見る、そして大きくなっていく。素晴らしい教育環境だと思う。
決して増水した川で遊ぶことをお勧めをするものではない。しかし子どもは少しばかりの危険を感じ、身を守る術を身に付けていくのだろう。そういった教育の場も提供できれば良いなと思う。
竹本大輔

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
Who We Are
第58回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編12
第57回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編11
第56回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編10
第55回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編9
第54回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編8
第53回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編7
第52回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編6
第51回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編5
第50回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編4
第49回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編3
第48回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編2
第47回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編1
第46回 浦村奇跡の牡蠣編11 最終回
第45回 浦村奇跡の牡蠣編10
第44回 浦村奇跡の牡蠣編9
第43回 浦村奇跡の牡蠣編8
第42回 浦村奇跡の牡蠣編7
第41回 浦村奇跡の牡蠣編6
第40回 浦村奇跡の牡蠣編5
第39回 浦村奇跡の牡蠣編4
第38回 浦村奇跡の牡蠣編3
第37回 浦村奇跡の牡蠣編2
第36回 浦村奇跡の牡蠣編1 
第35回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り最終回
第34回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り6
第33回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り5
第32回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り4
第31回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り3
第30回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り2
第29回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り1
第28回 良い水を育む森そして林業編6 最終回
第27回 良い水を育む森そして林業編5
第26回 良い水を育む森そして林業編4
第25回 良い水を育む森そして林業編3
第24回 良い水を育む森そして林業編2
第23回 良い水を育む森そして林業編1
第22回 宮川その川文化編9
第21回 宮川その川文化編8
第20回 宮川その川文化編7
第19回 宮川その川文化編6
第18回 宮川その川文化編5
第17回 宮川その川文化編4
第16回 宮川その川文化編3
第15回 宮川その川文化編2
第14回 宮川その川文化編1
第13回 浦谷地区の高山さん サツマの切り干しなど
第12回 浦谷地区の高山さん あられの作り方、食べ方
第11回 浦谷地区の高山さん お餅やお漬物のこと
第10回 宮川物産様 お味噌の貯蔵蔵を見学
第9回 宮川物産様 名産品は天然水があってこそ
第8回 宮川物産様 お味噌作りのきっかけと天然水
第7回 元坂酒造さま これからの取り組みと この一品
第6回 元坂酒造さま 毎日の晩酌 普段着のお酒
第5回 元坂酒造さま 寒仕込みについて
第4回 元坂酒造さま 良いお酒は良いお水から
第3回 元坂酒造さま 幻の酒米「伊勢錦」
第2回 元坂酒造さま お酒の楽しみ方
第1回 元坂酒造さま 酒造りへのこだわり
PAGE TOP ↑