水のはなし

天然水の人びと

アクアセレクトGMの竹本大輔による水紀行

第13回 浦谷地区の高山さん サツマの切り干しなど

これが「あられ炒り」。あまり入れると膨らむので大変なことになるとのこと。「ちぃとしか入れたらアカンよ」と教えていただいた。
上部が開閉する。単純なギミック、そして年季が入っていることに、顔がほころぶ。
利通さん
これで炒りましたんや。
竹本
これはゴマ炒り器の大きい版ですね。今でも売っているものなんですか?
利通さん
近くのホームセンターで売ってると思うよ。
竹本
そうですか!帰りに買って帰ろうっと(笑)!
利通さん
あんまり強火はアカンよ。弱火でやると上手いこと炒れるよ。でも粉が落ちるでなぁ。
ちかさん
電子レンジでも出来るとか聞いたけど、これで炒るのが一番やと思うよ。
ちかさん:
これにあられを入れて閉じて持って行くと、しょっちゅう親が炒ってくれましたな。おやつ代わりに食べてましたわ。「サツマの切り干し」もよう食べたわ。甘くて美味しかったなぁ。
※著者注:サツマイモの切り干しとは「干し芋」のこと。この地域では、サツマイモの収穫後、各家庭で作り、おやつとして常備していたそうだ。
竹本
市販品はいまでも人気ありますもんね。
ちかさん
あんな(市販品のように)薄く切らんと、もっと厚く切りますんさ。
ちかさん
「サツマの切り干し」はようけ作ったもんさ。昔は庭にいっぱい広げて干したもんさ。
竹本
デンプンが白い粉になって美味しいですよね。
ちかさん
そうさ。あれはお天道様に干して、真っ白にしたるんさ。あんまり干したらカンカンになるから、ちょうど真っ白に粉が吹きよるころに引き上げるんさ。
サツマが収穫出来たら、そこからちょっと寒くなったらやってましたわな。
ちかさん
真っ白に粉が吹いてねっとりとしてますんさ。芋の種類の「べにあずま」はねっとりしてる感じがするけどなぁ。兄嫁さんがずっとしてましたなぁ。
竹本
手作りは旨そうですね~!
ちかさん
すこし、自分でやりはったらええわ。あんなん、蒸して切って日向に干しといたらエエねん。椎茸干すやつありますやろ。あの網戸を横にしたようなものに置いとくと上手く乾きますんや。
親が並べてるやつの端っこを食べたったりしてな(笑)
利通さん
子どもがおったりするとおやつにしたったりするけど、子どもの数が減ってるとやる家はのう(無く)なってくるわな。
ウチはひ孫までおりますからな。作った野菜なんかも時々来ては持って帰りおるんよ。それで、野菜なんかも甘いっちゅうんやわ。
ちかさん
私らずっとウチで食べてるから分からんけど、息子らは美味しい言うてくれんねん。
竹本大輔
ここ大台町や旧宮川村の方はエエもんを食べてはりますもんね。
ちかさん
エエもんとはちゃうけど、昔ながらのもんを食べてるからな。
竹本
いま、「あられ」なんかも塩の味がまず先にしますもんね。
ちかさん
そうやなぁ、やっぱり自然のものがエエわな。水もキレイしなぁ。
竹本
そうですね!
ちかさん
写真はあんまりやめてや(笑)。
別嬪(べっぴん)さんでないからなぁ。
白菜よかったら持って行きなぁ。
竹本
いやぁ別嬪さんですよ!白菜ありがとうございます!
利通さん、ちかさんと。「あられ」を袋にいっぱい頂いた。
静かな佇まいを見せる浦谷川。良いお水と、よい食材、そして温かな人たち。昔ながらの製法があり、それを連綿と受け継いでいく人たちがいる。アクアセレクトの水質も製品化も、かのように守り続けていきたい。

編集後記

さっそく帰り道、ホームセンターで「あられ炒り」を購入。店員さんに聞くと、サッと案内してくれた。地域に根付く食文化だと実感。
言われたように「ちぃとだけ入れて」弱火で炒る。
だんだん「あられ」らしくなってきた。
見事に「あられ」が完成。食べると、もち米が持つ自然な甘みが口いっぱいに広がる。子どもたちが集まってきてすぐになくなった。ちょっと「ちぃ」と過ぎたか?
「あられ」がここまで美味しいものだとは、初めての体験であった。
あまり上等なあられを食べたことがないからかもしれないが、今まで食べたことのある市販品とは別物であった。
塩を振らずとも、砂糖醤油と絡めずとも、手作りの餅本来の甘みと旨みが凝縮している。


こんな旨いものを、竈(くど)の熾火(おきび)で炒るなんて、なんと贅沢なことか。
きっと土間で炒っている間、子らはまだかと親に催促し、親は子どもらに「もうちょっとよ」と、笑顔で応えたのだろう。
調理が終わり、少しばかりの熱気の残る土間(どま)が、ほんわりと再び暖まったことであろう。


親から子へ、子から孫へ受け継いでいく食文化。
地域で語り継いでいく食文化。
先祖から受け継いだ素晴らしい森のめぐみをお届けするアクアセレクトは、その食文化の一端を担う。
そんな私たちこそが、この素晴らしい食文化の架け橋であり続けたいと願う。
竹本大輔

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
Who We Are
第58回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編12
第57回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編11
第56回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編10
第55回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編9
第54回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編8
第53回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編7
第52回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編6
第51回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編5
第50回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編4
第49回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編3
第48回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編2
第47回 妙高上越 食の魅力 武蔵野酒造さま編1
第46回 浦村奇跡の牡蠣編11 最終回
第45回 浦村奇跡の牡蠣編10
第44回 浦村奇跡の牡蠣編9
第43回 浦村奇跡の牡蠣編8
第42回 浦村奇跡の牡蠣編7
第41回 浦村奇跡の牡蠣編6
第40回 浦村奇跡の牡蠣編5
第39回 浦村奇跡の牡蠣編4
第38回 浦村奇跡の牡蠣編3
第37回 浦村奇跡の牡蠣編2
第36回 浦村奇跡の牡蠣編1 
第35回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り最終回
第34回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り6
第33回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り5
第32回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り4
第31回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り3
第30回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り2
第29回 幻の酒米「伊勢錦」稲刈り1
第28回 良い水を育む森そして林業編6 最終回
第27回 良い水を育む森そして林業編5
第26回 良い水を育む森そして林業編4
第25回 良い水を育む森そして林業編3
第24回 良い水を育む森そして林業編2
第23回 良い水を育む森そして林業編1
第22回 宮川その川文化編9
第21回 宮川その川文化編8
第20回 宮川その川文化編7
第19回 宮川その川文化編6
第18回 宮川その川文化編5
第17回 宮川その川文化編4
第16回 宮川その川文化編3
第15回 宮川その川文化編2
第14回 宮川その川文化編1
第13回 浦谷地区の高山さん サツマの切り干しなど
第12回 浦谷地区の高山さん あられの作り方、食べ方
第11回 浦谷地区の高山さん お餅やお漬物のこと
第10回 宮川物産様 お味噌の貯蔵蔵を見学
第9回 宮川物産様 名産品は天然水があってこそ
第8回 宮川物産様 お味噌作りのきっかけと天然水
第7回 元坂酒造さま これからの取り組みと この一品
第6回 元坂酒造さま 毎日の晩酌 普段着のお酒
第5回 元坂酒造さま 寒仕込みについて
第4回 元坂酒造さま 良いお酒は良いお水から
第3回 元坂酒造さま 幻の酒米「伊勢錦」
第2回 元坂酒造さま お酒の楽しみ方
第1回 元坂酒造さま 酒造りへのこだわり
PAGE TOP ↑