アクアコミュニティ

Blog

担当者 ブログ

備蓄水としてのウォーターサーバー

:2014年10月28日

震災以降、災害対策としてウォーターサーバーの利用者が増えています。

 

実際に被災された方の中で、 ボトルのストックがあったので飲み水に困らなかった 、 保存水の目的ではなかったが備蓄水として役立った 、震災後は水道水を利用することに 不安があったので、ウォーターサーバーの水は安心して飲めたなど、 ウォーターサーバーを利用していた方たちの重宝したという声があがっていました。

 

ウォーターサーバーは、定期的にお水を宅配してくれるので、 常に交換用のボトルをストックしている状態になっています。 災害時にはこのボトルストックが役に立つわけです。 未開封でしたら長期保管ができるので、備蓄水に向いているのです。

 

消防庁の災害時のマニュアルによると、 最低限3日分程度の水や食料品を備蓄するのがよい」とされています。 一人あたり一日に3リットルの水が必要と言われているので、 3日分となると、9リットルの備蓄が必要ということになります。

家族が多ければ、その人数分備蓄しておかなければなりません。 ペットボトルで保管するとなると、かなりのスペースが必要に なりますね。 ウォーターサーバーのボトルは、だいたい12Lのものが多いので、 1人分は、ボトル1本あれば大丈夫ですね。

 

災害後は色々なストレスがあります。 以前と同じ生活が少しでも送ることができれば、 少しでもそのストレスを軽減することができると思います。 お水1つとっても、普段から飲みなれているお水があるだけでも、 その安心感は違うと思います。

 

是非、備蓄水としてのウォーターサーバーの利用も考えてみてください。

お申し込み・お問い合わせは、
こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
月別アーカイブ
Archive
PAGE TOP ↑