アクアコミュニティ

Blog

アクアセレクトブログ

宮川でキャンプ

竹本大輔:2013年07月17日

宮川本流沿いの河原でキャンプを体験しました。


急に「宮川で泳ぎたい!」と思い立って、名古屋を出たのがお昼過ぎ。
翌日の午前11:00には名古屋に帰ってこないといけない強行軍。
とりあえずテントを車に放り込んで出発、という感じです。

大台町に到着すると曇天の中に雷が遠く鳴っています。
本格的な川遊びは無理だなと思いつつ、ちょっと支流を沢歩き。

途中、ハヤやアユの大群に出くわしたり、ヤマカガシがカジカガエルを丸呑みしている現場に出くわしたり。
天気は悪かったですが、色濃く残る自然を堪能。

さて、宿泊地を探すべく宮川本流を上流「大杉峡谷」方面へ。
さすが3連休の中日、人が多いです。

その中でもひとけのない「キャンプ指定地」を選び河原へ降りました。
河原といっても川面からは約3mほど高い位置です。
でも急な降雨なんかあると退避を余儀なくされるやろうなぁ、というロケーションです。


テントを張り、飯を炊き、周りを見渡せば何もない。
トイレも水道もなんにもない、いまどき珍しい「キャンプ指定地」。
焚き火の炎にうっとりし、ああ宮川らしくっていいなぁ、と思った次第です。


朝日が昇り少し宮川本流で泳ぎ、そして帰宅。
こんなとんぼ返り的なキャンプもまたありですね。


大杉地区らしい岩むき出しの断崖の下、滴るほどの緑と、それを水面に映す美しい宮川の流れ。
こんどはもう少しゆっくりと楽みたいものです。





川の方から見たキャンプサイト。巨岩がゴロゴロ。

宮川でキャンプ 写真1

周りの緑を溶かし込んだような水面。宮川本流。もう完全にプライベートリバービーチ。

宮川でキャンプ 写真2

夜も更けて。

宮川でキャンプ 写真3

深い谷筋の眩しい夜明け。

宮川でキャンプ 写真4

川で顔を洗い、

宮川でキャンプ 写真5

巨岩によじ登って遊ぶ。

宮川でキャンプ 写真6

くれぐれも急な宮川の増水、野外での雷にはご注意くださいね。

竹本大輔

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
アクアセレクトブログ(竹本大輔ブログ)

自然をこよなく愛する。コテコテ大阪市阿倍野区出身。現在は名古屋市名東区在住。毎週のように採水地の宮川を訪れては土いじりだの虫取りだの川遊びだのに興じています。

PAGE TOP ↑