アクアコミュニティ

Blog

アクアセレクトブログ

アクアセレクトでうどん打ち 11/19

竹本大輔:2011年11月28日

ぼくたちアクアセレクトは、ウォーターサーバーと天然水アクアセレクトの宅配がメインの事業ですが、そもそもこの事業立ち上げのキッカケは「美味し い天然水の宅配にこだわりたい!」ということと、雇用創出や少子高齢化対策、中山間地耕作放棄地などの田舎の問題の解決手段に成り得る「社会貢献事業に育 てたい!」という2点でした。
ですからぼくたちは2008年から「アクアセレクト田んぼのオーナー制」と称し、過疎化が進み耕作放棄された水田を借り上げ、お客様に稲を育ててもらう、という取り組みを実施しています。

もともとこの取り組みは、中山間地耕作放棄地問題を何とかしたい!という目的があったのですが、それ以上に「子どもたちの食育に繋がれば…」という思 いがありました。今の子どもたちはもちろん、ぼくら大人たちも、普通に都市生活を送っていると、お米や野菜たちがどうやって育てられ出荷されているのか、 あまり知ることがありません。消費者と生産者の間に広がる現代のブラックボックス。そんなブラックボックスに少しでも楔を打ち込めればと思い始めました。

果たして、狙いは大成功。毎年たくさんのお客様が子どもさんと共に来て下さり、「お米ってこうやって作るのね~!」とか「お米を食べることに感謝しな きゃ。」とか「大変さが身に染みたわ。」とか、はたまた「泥んこにしてくれるのが『アクアセレクト』さんの良いところよね~!」とうれしいお言葉も頂ける ようになりました。


でも、まだまだやりたいのは、その続き。お客様の手元にお届けするまでを体験したり、昔ながらの村に伝わる(そんなものがあれば、という話ですが)お米や 他の農作物の加工を体験したり…そんな食べ物を一つ一つ大事にするという気持ちと合わせて体験してもらえればなぁ、と考えています。もちろん楽しみな がら。今までやってきた「大台茶お茶揉み体験」とか「野菜の植えつけ体験」とか「清流日本一の野菜収穫体験ツアー」なんかは最たる例です。ですから、この うどん打ち(踏み?)も、そうなんです。ぼくが大阪人で粉モンがものすごい好き、それで、おっ!たまたまエエ働き手がおるやん、という理由が90%、残り の10%は「普段から子どもたちに食に興味を持ってもらいたいなぁ」という理由からなのです。

これからの時代の子どもたち、お腹がすいたら、自分で食材見つけてきて自分たちで楽しんで料理くらいしないと!

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
アクアセレクトブログ(竹本大輔ブログ)

自然をこよなく愛する。コテコテ大阪市阿倍野区出身。現在は名古屋市名東区在住。毎週のように採水地の宮川を訪れては土いじりだの虫取りだの川遊びだのに興じています。

PAGE TOP ↑