アクアコミュニティ

Blog

田んぼオーナープロジェクト

アクアセレクト田んぼ 稲刈り 9/11

竹本大輔:2011年09月12日

先の台風12号は紀伊半島に記録的な豪雨をもたらし、想像以上の被害をもたらしました。近隣市町村において亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。大台町旧宮川村地区においても短時間雨量の記録を更新し、土砂崩れや床上浸水、住宅の倒壊などの被害を受けました。幸いにして人的被害は無かったものの、復旧にはまだ時間がかかりそうな状況です。ボトリング工場については、水源・建屋ともに被害を受けず通常通りボトリングを行っております。ご心配いただきましたみなさま、ありがとうございました。

また幸いにして、アクアセレクト田んぼのオーナー制度を実施しております、浦谷地区および圃場について、地区に至る道路で若干の土砂崩れは発生したものの、通行に支障となるような被害はありませんでした。


さてそんな中、アクアセレクト田んぼのオーナー制の圃場の稲刈りを行いました。昨年は記録的酷暑の中での稲刈り、今年は朝から雨模様の稲刈り。なかなか天候はこちらの思い通りにはいかないものですね。今年で4回目となる稲刈り、米粒の実りは8月の天候不順でイマイチでしたが、稲刈り体験としてはみのり多き一日となりました。

そうそう、みのり多き一日と書きましたが、ちょっとした発見がありました。稲刈りという農作業には、「結ぶ」という行為が多いなぁということ。地域の結び、仲間との結び。紐の結い。東日本大震災を、そして台風12号の被害を受け、心を結び、立ち上がって行く過程にある私たち。これから大事にしていきたい言葉と行動が、古くから営まれていたこの稲刈りという農作業に隠されていたんだなぁと感じました。

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
PAGE TOP ↑