アクアコミュニティ

Blog

アクアセレクトブログ

国土交通省「全国一級河川水質調査」みごと第1位獲得! 7/29

竹本大輔:2011年07月29日

国土交通省「全国一級河川水質調査」みごと第1位獲得!! 7/29

待ちに待った「全国一級河川水質調査」の発表が昨日、国土交通省からありました。これは毎年、国土交通省が、文字通り全国の一級河川の水質を計測し発表するというもの。水質は「BOD(生物化学的酸素要求量)」という数値を計測します。数値が低いほど水質が良いと言えるものなんです。

三重県大台町(旧:宮川村)を流れる「宮川」。そもそもこの宮川の支流源流部の湧水を、ボトリングし販売しよう!となったのも、この水質調査で1位を獲得したからなんです。それくらいこの調査は事業開始のキッカケとなった、大事なもの。毎年ドキドキして結果を見守っています。

宮川の水質調査は、最下流部の伊勢市渡会橋付近と、中下流部の度会町で計測しています。大台町の人たちは「あの水質調査、宮川村内の宮川で調査しとったら、世界一、いや宇宙一やわ!」なんて、うれしそうに自慢します。確かに、あの透き通る水の流れを見るとうなずけます。しかも宮川本流の最上流部分には「宮川ダム」が、旧大台町と旧宮川村の境目には「三瀬谷ダム」があり、宮川にとって、決して恵まれた環境ではないと、ぼくは思うのです。

そんな宮川を1位たらしめるのは、なんといっても水量の豊富さ。世界的に見ても多雨地帯の「大杉谷」を源流に擁し、支流が数多くあります。黒潮の湿った空気が常に降り注ぐ、生命の源。秋には台風の上陸の洗礼を必ずと言っていいほど受ける紀伊半島南部。また雨が多いというだけではありません。中下流域は、伊勢神宮の「宮域林」として古より守られ、また現代においては「フォレストキーパーズ」たちが、日夜森林保全に汗を流しています。また、アクアセレクトのお客さまも「フォレストキーパーズ」のお1人なんです。ボトルの売り上げを森林保全や河川保護に還元しています。

この、大自然の恵みの雨と人々の水質保全への強い願い。これこそが「宮川」を全国1位たらしめ、世界でも屈指の水質であり続ける理由だと思うんです。こんな「宮川」をずっと、子どもたちの世代に、そしてもっともっと後の世代まで残していきたいものですね。

明日若者たちが数名、大台町へ農業体験に来てくれます。宮川の清流が、どうしてこんなにも美しいのかを話してみるつもり。楽しみです。

国土交通省発表

http://www.mlit.go.jp/report/press/river03_hh_000366.html

 

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
アクアセレクトブログ(竹本大輔ブログ)

自然をこよなく愛する。コテコテ大阪市阿倍野区出身。現在は名古屋市名東区在住。毎週のように採水地の宮川を訪れては土いじりだの虫取りだの川遊びだのに興じています。

PAGE TOP ↑