アクアコミュニティ

Blog

田んぼオーナープロジェクト

決して驕らず、天然水をお届けします

竹本大輔:2010年04月29日
「いよいよ田植え(その1)4/25」 
昨年は気温が低く突風吹き荒れる中での田植えとなり、参加いただいたお客様の中にも「風邪引いた!」など大変な思いをさせてしまいました。ですから今年は「頼む!!晴れて、そんで風は止んで!!」とひたすら拝むような気持ちでした。

そんなぼくらのお願いを、浦谷の田んぼの神様は聞いてくださった、かのようないいお天気(風もなく)になりました。今年で3度目の田植えですが、いろいろ作業の注意点を忘れているものです。反省です。

 

 大台町役場産業課の西出さんが、ある米作りの名人がこんなことを言っていたと、聞いたことを思い出しました。「俺はまだまだ30回しか米を作ったことがないヒヨっ子や。あと何回満足できる米が作れるか・・・。」

 米つくりって奥が深いですね。ぼくたちもこれから何回お米つくりが出来るのか?それがはたして満足いくのか?大自然の中、決して驕らずに毎年少しずつの反省をしながら、積み重ねて行きたいものです。

 普段の生活の中でも、慣れてくると驕りがでてきてしまいます。天然水をお届けすることも、決して慣れや驕りがでないように心がけていきたいと思います。

 

植える苗.JPG植える稲の苗。ピカピカしています。

佐今区長も見守ります.JPG佐今区長も見守ります。

はじめはバラバラだった植え方.JPGはじめはバラバラだった田植えも・・・

そろってきました!.JPG揃ってきました。「せーの!」

まだ食べちゃだめですよ!.JPGまだ食べれませんよー!

八重桜も最後です.JPG桜も最後です。

お父さん方に杭打ちをお願いしました.JPGお父さん方に獣害除けの網を張るためのくい打ちをお願いしました。重労働です。

BBQしたり.JPGBBQを楽しんでいただいたり、

川で遊んだり.JPG川で遊んだり、

逃げるって!.JPG「逃げるよっ!!!」

お疲れ様でした!.JPGお疲れ様でした。めいちゃん、そのまま帰る?

 

お申し込み・お問い合わせは、こちらよりお気軽に

新規お申し込み お問い合わせ 追加ボトル注文・ログイン
PAGE TOP ↑